保険を活用すると車の売却額がお得になる事も

保険を活用すると車の売却額がお得になる事も

車査定を依頼する前には、基本的には修理を行わない方がベターです。確かに修理を行えば、車の買取額がアップする可能性はあります。しかし大抵の場合、修理代金の方が高く付いてしまう事が多いですね。ですので修理を行わずに車の査定を依頼するのが、セオリーではあります。

 

自動車保険を活用するとお得になる事も

 

ところで車のオーナーの方のほとんどは、何らかの自動車保険に加入していると思います。なぜなら事故というのは、いつ起きるか分からない一面があるからです。
ところでその自動車保険を活用すると、車の修理代金を低く抑えられる事があります。極端な例ですが、本来の修理代金が30万円だとしましょう。ところが保険の適用になった場合は、10万円などの具合です。10万円ならば、ちょっと修理に出してみるのも悪くないという発想が生まれるでしょう。現にそれで、お得に車を売れる事例もあります。
エスティマの下取り

 

お得になるか否かは査定次第

 

しかし「必ず」お得になるという意味ではありません。確かに保険適用になれば、修理代金は安くはなりますね。しかしそれでも査定額をカバーしきれるほど、修理代金が低くなるとは限りません。
このため保険を活用して修理に出すかどうかを決めるためには、まず査定額を知っておく必要があります。たとえ修理をしてでも査定額をカバーできるのであれば、修理を依頼する方が良いでしょう。その逆に「たとえ保険で修理代金が安くなっても、査定金額には届かない」事もあります。その場合は修理は依頼せずに、そのまま査定に出す方が良いですね。
ですので「ちょっと保険に加入していて、状態に難がある車」の査定を受ける時には、修理によって査定額が何円アップするかをお店で確認しておくのが無難かと思われます。